ベーシックインカム導入事情 フィンランド

ベーシックインカム制度は海外でも導入するかどうかの議論が行われています。 今回はフィンランドという国での導入事情を見ていきます。

ベーシックインカムの検討を始めたフィンランド

2015年の12月にフィンランドでベーシックインカムの導入を検討していることが判明しました。このとき一部の報道では「導入を開始する」という誤報も流れましたが、実際には検討の段階です。

制度の内容としては、フィンランドに住む全国民に月額800ユーロを支給するというものです(検討の段階なので金額に関しては調査次第で変わる可能性もあるようです)。本当に導入するかどうかは慎重に検討したうえで行われるようですが、もし導入が決定すれば大きなニュースになることは間違いないでしょう。

導入の検討に至った経緯

2015年4月に行われた選挙において、ベーシックインカムに賛成する立場の政党が多数を占め、与党となったことでベーシックインカムの導入に向けた動きが始まりました。

選挙から導入の検討のニュースが流れるまでに約8ヶ月ということを考えると、導入に対する意欲は結構高いように感じられます。

フィンランドでは経済の低迷が続いており、失業率だけで見てもここ近年は10%に迫る勢いとなっています。

フィンランド失業率

出典:フィンランドの失業率の推移(1980~2016年) – 世界経済のネタ帳

こういった状況を打開するためにベーシックインカムという方法を本格的に検討しているのでしょう。

財源はどうなのか?

ベーシックインカムを導入するときの問題点として財源の問題が挙げられます。与党の中にもこの制度に反対する声もあり、議論が重ねられているようです。

ベーシックインカムの最大の問題点は財源だ。Mashableによれば、月800ユーロを成人だけに給付するとしても、年間470億ユーロ(約6.3兆円)が必要となるが、2016年のフィンランド政府の歳入は、ほぼ同額の491億ユーロ(約6.6兆円)と予測されている。ただでさえ緊縮財政と予算カットで財政的余裕はない同国にとっては、財源確保は増税に頼ることになる、と同誌は述べている。

引用:国民の7割が賛成、フィンランドがベーシックインカム検討の背景 海外は実現に厳しい見方 – ニュースフィア

経済の低迷が影響しているのかはわかりませんが、そう簡単にはいかないみたいですね。それでも失業などで苦しんでいるフィンランドの国民にとってはこの制度に賛成する人は多いようです。

大きな決断になることは間違いないでしょうから、政府としても慎重に慎重を重ねるのは当たり前ともいえます。

結果はまだ出ていない

予定では2016年11月に導入するかの決定が行われるようです。様々な調査を行ったフィンランド政府がどのような決断を下すのかが注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク