ベーシックインカム制度が導入で日本の保険制度はどうなる?

ベーシックインカム制度が導入された場合、日本の保険制度はどうなるのでしょうか?

現在の日本は「国民皆保険制度」

現在の日本では国民皆保険制度となっており、何らかの保険に入らなければなりません。会社員の人であれば福利厚生の中に保険があり、それに加入することになります。自営業などの人やその扶養家族は国民健康保険に加入することになります。

私たちは所得に応じた保険料を払う代わりに、けがや病気などで医療機関で診察を受けた時の費用が通常の3割のみになります。診察を受けた時に保険証を忘れて請求された金額がびっくりするくらいに高かった経験がある人もいるかもしれませんが、本来医療費はそれくらいの金額がかかるものなのです。

ちなみに、国民皆保険制度は世界的に見ても珍しい制度であり、海外では普通に無保険の人が存在します。

ベーシックインカムが導入された場合

さて、そんな国民皆保険制度ですが、ベーシックインカムが導入された場合、国民皆保険制度はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、財源確保のために国民皆保険制度がなくなるという可能性は低いと考えられます。ベーシックインカムに関しては専門家も含めて様々な意見が飛び交っていますが、保険制度に切り込んで発言している人は私の知る限りではいないと思います。

やはり、この国民皆保険制度は制度としての評価が高いため、ここを廃止するということは考えないのでしょう。

逆に言えば、下手にこの制度に手を付けると入院している人や通院している人、さらには生命保険会社などもこの制度があることを前提にしているでしょうから日本中に与える影響はベーシックインカムの導入と同じか、それ以上に大きくなる危険性があるかもしれません。

ただし、現在の国民皆保険制度にも問題が起き始めている

とはいえ、世界的に見ても評価の高いこの制度にも問題が起き始めています。高齢化の影響もあり、医療費が年々増加し、国の歳出も増えているのです。ベーシックインカムの導入とは関係なしにこの問題は何とかしなければならないため、制度自体が大きく変更されることはなくても、保険料の増加などといった負担が増える可能性は十分に考えられるでしょう。

ベーシックインカムも財源の問題がありますが、国民皆保険制度にも財源の問題が起きているところを見ると、ベーシックインカムどうこうよりもまずは国の財政を何とかするのが先かもしれませんね。今は何とかなっても10年、20年先のことを考えて動かなければさらに大きな問題となって国を悩ませることになるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク