ベーシックインカムが導入されると医療費はどうなる?

ベーシックインカムと医療費について考えてみたいと思います。

現在の通常の医療費は3割負担

現在の日本では国民皆保険制度というものがあります。これは日本国民ならば何らかの保険に必ず入らないといけないという決まりです。私たちはこの制度によって何らかの保険に入り、そして怪我や病気で通院した時の診療代や薬代が通常の3割で済んでいます。

国民皆保険制度を廃止するべきとの声は少ない

国民皆保険制度は現状全く問題がないというわけでもありませんが、だからといって廃止するべきという声はあまり聞かれません。実際これに助けられている人も多く、特に不満に思っている人が少ないのでしょう。

TPPによって日本の国民皆保険制度は廃止を余儀なくされるという考え方もあるようですが、実際のところどれくらいの可能性であり得るのかは不明です(これについてはここでは詳しく触れません)。

健康でぜんぜん通院しないという人にとっては単に保険料だけを引かれて損をしているかもしれませんが、けがや病気はいつするかわかりません。

アメリカでは日本のような国民皆保険制度はなく、保険に入っている人は日本よりもかなり高額な保険料を払っています。当然、それが払えない貧困層の人たちは無保険となりますが、この貧困層の人たちがもし怪我や病気になった場合はどうなるのでしょうか?

答えは一つ、医療費が払えなくなって破産です。

日本の国民皆保険制度はこういったことを防ぐための役割もあります。

ただし、まったく影響が出ないとも言い切れない

とはいえ、まったく影響がないともいえないでしょう。日本は現在少子高齢化などの影響で長生きする人が増加し、日本全体の医療費も高くなっている傾向があります。

先ほど保険があれば3割負担で医療を受けられると書きましたが、残りの7割は国や健康保険組合が代わりに払っているにすぎません。そのため、廃止とはいかなくとも、保険料が上がったりといった影響は考えられるでしょう。また、直接医療費とは関係ありませんが、最近では救急車をタクシー代わりに使うなどといった問題が起きていることもあり、救急車が有料になる可能性もあります。

もしかしたら、3割負担が3.5割負担になったり、といったことも考えられます。もちろん可能性があるというだけでどうなるのかはわかりませんが・・・

ベーシックインカムは多額の財源が必要となる構想です。導入を検討となった場合、この国民皆保険制度にもメスが入るかもしれません。保険を頼りにしている人にとっては気になるところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク